居酒屋でナンパされた話

未分類

私は20代の頃、居酒屋の社員として働いていました。

 

仕事は楽しかったですが、会社は俗に言うブラック企業でした。

 

付き合っていた彼氏に振られてから半年、私は仕事に打ち込み恋愛を忘れていました。

 

「良かったらメールください」

 

それはお客様のお会計をしている時のこと。そんな言葉と共に、アドレスの書かれた小さなメモを渡されました。

 

相手は、数ヶ月前まで彼女と二人で来ていた常連様。その日は一人で来店されたので、

 

「今日はお一人なんですね」

 

と声をかけました。

 

「実はひと月前に別れてしまって」

 

寂しそうに笑う彼に親近感を覚え、私も半年前に別れたんですと打ち明けていました。

 

 

彼は私より二つ年上のデザイナー。

 

失恋したばかりなのに楽しそうに接客をする私に興味を持ち、話してみたいと思ったそうです。メールを続けるうちに、夢を持ち仕事に励む彼にどんどん惹かれていきました。

 

彼は土日休みで私は平日休みだったので、彼の仕事終わりにファミレスで待ち合わせというのがデートでした。

 

お互いの仕事や恋愛、夢の話まで…いつも日付が変わるまで、色々な話をしました。

 

 

そんなデートを数回重ねるうちに、2ヶ月が経っていました。私は二人の関係をハッキリさせたくて、彼を呼び出しました。

 

「好きです。付き合って欲しいです」

 

顔を上げることができず、ひたすら彼の返事を待ちました。

 

「ごめん。まだ彼女が忘れられない」

 

返ってきたのはそんな言葉。彼にとって私は、ただ話を聞いてくれる癒しの存在だったのです。

 

 

想いの大きさが違うと分かってから、彼とは自然に連絡を取らなくなりました。

 

「最近あのお客様来ないですね」

 

そうアルバイトに言われ、そうだねと微笑むことしかできませんでした。

 

つづきはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました