高校の同級生と付き合ったら大変だった話

未分類

俺が大学生だった頃、友達を通じて高校の同級生の女の子とよく遊ぶようになった。

高校の頃は同じクラスになったことはあるが彼女があまり喋るタイプではなかったので何回か挨拶を交わしただけで仲良くはなかった。

だけどずっと清楚で真面目で可愛い子だなとは思っていた。

話してみると価値観や趣味がとても合い、意気投合しお互いに惹かれ合った。

ある日彼女から一件の連絡が来た。

「早くしないと私、誰かに取られちゃうよ」と。

そこまで彼女に言わせてしまったのがとても申し訳なく感じ、これは男としてしっかり告白しようと心に決めた。

そしてその日の夜、彼女とのデートの別れ際に勇気を振り絞って告白し、オッケーをもらい恋人同士になった。

恋人となり最初の何日かはとても仲良くしていたが、慣れてきた頃どんどん彼女が本性を出し始めた。

彼女はとても男癖が悪く、毎日元彼と連絡をしていたり何度も合コンに出かけていたりしたためとても不安な気持ちなり、次第に喧嘩する回数も多くなった。

そんなことが繰り返しあったので流石にこれは話し合わないといけないと思い、彼女と話し合いをした。

本当に俺のことが好きなのか、もしまだ好きならば元彼と連絡をしたり合コンに行くのはやめてほしい。飲み会に行く時は連絡してから行って欲しいと。

そしたら彼女はまだ俺のことが好きで別れたくないから元彼と連絡をしたり合コンへは行かないと言ってくれた。

それから1ヶ月くらいは何事もなくとても幸せな日々を送っていた。

これならもう大丈夫だ。と思っていた矢先…

ある日彼女から電話がありいつもの公園に呼び出された。

行ってみるとベンチに座りながら泣いている彼女がいた。

どうしたの?と聞いてみると…

「私、〇〇くんに内緒で飲み会に行っちゃったの。それでね…2人とやっちゃった。」

……言葉が出なかった。どんな言葉を彼女にかけたらいいかわからなかった。

それから数日後もう無理だと思い、俺から別れ話を切り出して別れた。

その出来事から俺は、恋に本気になれなくなってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました